お湯

依頼する前の注意点

給湯器の寿命が来た場合には交換が必要になりますが、その前に調子が悪くなったときは修理を業者に頼みます。1つの業者から見積もりをとるのではなく、必ず2つ以上の業者に見積もりをとるようにすれば、金額が適正かどうかがわかります。

詳しく見る

男性と女性

どんな種類があるの

給湯器にはガス式、電気式、石油式の3タイプに別けることができ、それぞれに特徴があります。後悔のない給湯器選びでは、どんなタイプがどんな人に向いているのかをよく確認して選ぶことが必要になります。良い給湯器を選ぶことで、今後の生活の快適さも違ってきます。

詳しく見る

最新記事一覧

交換する時の相場金額

給湯器

給湯器を交換する時の相場価格は本体価格と工事費がかかります。本体価格の相場は定価20万〜40万円位しますが、大きく割引してもらえます。工事費はおよそ3万円位で一定しているので、本体価格が安くできる実績の多い工事店でアフターフォローがしっかりしているところに依頼して下さい。

詳しく見る

熱源が最大の違い

作業員

給湯器は熱源の違いで差があり、ガス、電気、石油が主なものです。ハイブリッド式と太陽熱式もあります。それぞれコストの安さや初期費用、使いやすさなどに違いがあります。ライフスタイルに合わせて選ぶべきでしょう。

詳しく見る

修理にかかる日数

レディ

給湯器が急に故障してしまうと早くても半日、長いと1週間程度はお湯が使えなくなるので生活の質が大きく低下してしまいます。耐用年数前で故障の前兆もないのに給湯器が使えなくなった場合は、他の原因もあるのでガスメーターなどもチェックしてみてください。

詳しく見る

安全に使用する上の注意

ウーマン

快適に使うために

いつでも適温のお湯を使うことができるので、給湯器は日常生活でなくてはならない存在です。特にガス給湯器は能力が高く、お湯や燃料の残量を気にしないでも使うことができるので、現在最も人気のある給湯器です。便利に安全に使用していくにはある程度の注意事項があるので確認しておくようにしてください。ガスを燃焼してお湯を作っているので、完全燃焼するように給湯器本体や吸排気口の近くに物をおかないようにしてください。不完全燃焼をすると一酸化炭素が発生してしまいます。物を置いておくと火災になってしまうことがあり、特に燃えやすい木材や紙、爆発する可能性のあるスプレー缶なども給湯器の近くには置かないようにしてください。屋外にある給湯器は換気を気にする必要はありませんが、屋内に設置しているものは換気を気にするために換気扇を回したくなりますが、換気扇を回すことにより酸素が不足して不完全燃焼を誘発することがあるので、換気は窓を開けるようにしてください。ガス給湯器は10年から15年は使用できるほどの耐久性がありますが、使用条件によってはそれより短い期間で壊れてしまうことがあります。ガス給湯器であっても電気を使用しているので雷によって壊れてしまうことがあります。雷が近くにあるときには使用を控えてできれば乾いた手で電源を抜いておくことをお勧めします。また、旅行などで長期間出かけて給湯器を使わないときにも電源を抜き、水抜きをしておいた方が長期間快適に給湯器を使うことができます。