最新記事一覧

交換する時の相場金額

給湯器

本体料金には大きな差

蛇口をひねれば水だけでなくて当たり前のように適温のお湯を使っていますが、これは全て給湯器の恩恵です。もし給湯器が壊れてしまえば、お湯は使うことはできません。特に冬場は食器を洗うのも水で洗わなければいけませんし、お風呂もシャワーも浴びることができません。取り付けから10年以上経過しているとそろそろ給湯器の交換の時期になります。給湯器の交換に関する相場をしっておけば、いざ交換になった時にも見積もり額が適正かどうかを判断することができます。給湯器を交換する時には本体価格と工事費の2つがかかります。本体価格は機能や給湯能力によって価格には大きな差があり、2人暮らしの一般的な能力の20号ではお湯を作るだけであれば定価20万円前後、追い炊き機能や自動機能がついたものになると40万円近くします。これは定価なので、販売価格は割引があり、実績が多く納入台数が多い工事店になれば半額以下になることも多くなっています。給湯器を交換する時の工事費は工事店によって差はあるものの大体3万円程度のところが多くなっています。給湯器の大きさが変わったとしても工事費用には違いはありませんが、お風呂の穴が2つあったものを1つに変えたりする場合には追加料金がかかることがあります。給湯器を交換する時には本体価格に大きな差があるので、実績が多い工事店であれば割引額が大きくなるのでお勧めです。また工事価格には大きな差はありませんので、アフターフォローなどの対応がよいところを選ぶといいでしょう。