最新記事一覧

熱源が最大の違い

作業員

それぞれの特徴とは

給湯器はどのような家庭にも必須の機器ですが、熱源により大きな違いがあります。給湯器の熱源は、主にガス、電気、石油に大別されます。そのほか、ガスと電気を必要に応じて使い分けるハイブリッド式や、太陽熱を利用したものもあります。ガス給湯器は、国内で最も流通しているタイプです。湯を沸かす方法には、貯湯式と瞬間式があります。貯湯式はあらかじめ湯を沸かしておいて貯めておくタイプのものです。冬場は足りなくなるおそれもありますがコストは低めです。瞬間式はその都度温めるタイプのもので、コストはかかりますが使える湯量は豊富です。電気給湯器は貯湯式がほとんどで、コストが安いという魅力があります。安全性という意味でもメリットが大きく、災害時の復旧も早いです。石油式は強力なのが最大のメリットです。コストは安めですが、石油の値段により左右されます。寒冷地でよく使われている方法です。ハイブリッド式は基本的には貯湯しておいて、足りなくなったら瞬間式で沸かすことができる方式です。あまり湯を使わなければ節約できますし、たくさん湯がいるときでも融通がきくというメリットがあります。ただ初期費用が高めです。太陽熱は自然エネルギーを活用するので最もコストが安いという魅力があります。ですが扱う会社は少なく、初期費用がかなり高いです。一戸建てかどうか、どのような間取りかなどによっても最適なものは変わってきます。ライフスタイルに応じて選び分けるのがおすすめです。