最新記事一覧

修理にかかる日数

レディ

故障かと思う前に

当たり前のように使っているお湯ですが、給湯器が故障してしまうとお湯が使えなくなってしまい、お風呂に入ることもシャワーを浴びることもできません。冬場は冷たい水で食器洗いをしなければいけないことも生活の質を大きく低下させます。ガス給湯器はとても信頼性の高い機器で耐用年数の10年程度までの故障率は他の生活家電と比べても圧倒的に低いのですが、耐用年数を過ぎるとこれまでよりも大きな異音がしてきたり、設定温度よりお湯の温度が低くなったりと交換した方が良くなります。まだ使えるうちに交換をするのであれば、計画的に工事店に対して見積もりを取って工事日を決定するれば、給湯器が使えなくなる期間は全くなくて済みます。もし、給湯器が急に故障してしまった場合には修理が終わるまではお湯が使えないことになります。工事店によりますが、特別なパーツが必要ない場合で修理までに半日程度、メーカーにパーツを取り寄せしなければいけない場合は2日程度、工事店が普段取り扱っていないメーカーのパーツを取り寄せなけれいけない場合は3日程度はかかります。給湯器だけの故障であればこの程度の日数ですが、配管まで交換しなければいけない場合には更に数日追加しなければいけません。給湯器が故障する時には前述したような異音や動作に前兆がありますが、前兆なくお湯が使えなくなった場合は給湯器の故障ではなく別のことが原因のことがあります。よくある原因はガスメーターに何らかの衝撃が加わってガスの供給を停めたことです。家全体のガス用品が使えなくなるので、ガスコンロに火がつくかで確認できます。どのガス用品も使えないのであれば、ガスメーターのリセットスイッチを操作することによってガスを再び出すことが可能です。